2009年06月24日

佳き人と佳き出逢い

利用者様が亡くなられて、しばらく経つと、どうしてる・・・?と、ご家族様から連絡を頂きます。ありがたいですね。一緒に介護に関わった時間というのは、ある意味、同志というか連帯感がものすごく強まっているので、久しぶりにお会いしてもとても爽やかなのです。仕事で行き詰った時や悩みがてんこ盛りになって、電話をかけてみると、全部見透かされているようなアドバイスを頂くと鳥肌が立ちます。お互い出している波長と言っては大げさですが、何か大きなものに包まれている感じがしますね。仕事を通してこうして出逢いが始まることが奇跡なのかもしれませんね。
ちょっと感傷に浸っています・・・。【笑】


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。