2009年05月10日

不真面目のすすめ

中年から高齢に移行する時期は、その人の考え方や性格によって様々な表情が出現します。真面目一筋の方は、今日、何曜日か忘れただけで一気に落ち込んだり、絶対、惚けてはいけないと脳トレに打ち込んだり・・・。ある意味自分を追い詰めるような考え方をされる人は多いです。朝晩、しっかり血圧を測り数値に一喜一憂する。病状によっては管理も必要ですが、普通に齢を重ねる中であまり神経質になるのもどうかと思います。
脳トレやリハビリと称して過剰なプレッシャーを与えられているのでしょう。
年を重ねるというのは特別なことではなく自然なことなので、抵抗するのではなく、いかに自分らしく受け入れるかを学ばされてるのだと思います。きれいな花もいつしか枯れ、土に返り、次の世代に受け継がれる。窓から見える庭の木々を見ながら思います。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。