2009年03月08日

第2便

続きです。湯山玲子さんの『女装する女』という本を読んでいます。世の中の女性が変身?進化?していくさまを書いてあります。ある面、自分自身に当てはまるところがあり、これからの時代の、思考回路のモデルのようにも思います。介護の仕事をしていますと、戦争体験をされ、嫁姑問題を乗り越えた世代の考え方、団塊世代が迎える自分達の老後のあり方、その次の世代。・・・どうなっていくのでしょう。男と女の境目が怪しくなってくる時代になるでしょうから、介護スタッフの力量が試されます。違和感なくごく自然に対応しなくてはなりませんからね・・・。女装せずとも、もともと女。日頃の立ち振る舞いを見直さなければなりません。パン焼きに挑戦してみるかな?・・・【笑】、やっぱりスカート穿かなくちゃ!!【驚!】


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。