Posted by at

2009年11月15日

ひとり親の貧困率

厚生省からひとり親世帯の貧困率はOECD内で日本が最悪の数値54.3%(2006年)と発表されました。『やる気のスイッチ』山崎拓巳著のCDの中に苫米地さんとの対談があって世界の飢餓問題に関するところがでてきます。「カロリーメイトやSOYJOYみたいなものを作って毎年3兆円分送ると10億人の飢餓人口を救えるんだぜ!それを出来たら誰が日本を攻撃する?・・・・さっさとやれ・・・」みたいな話でした。過激な感じですが、説得力があります。で、この貧困率の話。貧困とはなんぞや・・・と思いました。確かにひとり親の方は苦労されているでしょうし、不況だし、職を失って大変な人がたくさんいる現状ですが、世界はOECDだけで成り立ってるわけでなく、ニュースや新聞記事をそのまま受け取ってしまいそうになる危険をちょっと感じた次第です。  

Posted by ぴあ at 11:45Comments(0)