Posted by at

2009年10月10日

運動器の機能向上

研修に行っておりました。リハビリの話です。私は、あまりリハビリという言葉は好きではないので利用者様に対しては積極的には使いませんが、それでも中身はある程度理解しておかなければなりませんしね・・・・。しないよりした方が効果はあるし、人によっては脅迫観念にかられる方もおられます。ご自分の性格や、疲労度など客観的な判断ができる事が大事ですね。
トレーニングの基礎知識として、リハビリ前後にバイタルを測定すると思いますが、自分にどの程度の負荷をかけるのが適切化ということで目標心拍数を目安とするとよいそうです。

最も激しい運動をしたとき(これ以上心拍数が増加しない状態)の心拍数を『最大心拍数』といいますが、健康作りの運動では最大心拍数の60~80%が効果的だそうです。(運動初心者、高齢者は40~60%!)

目標心拍数=(予測最大心拍数ー安静時心拍数)×%/100+安静時心拍数

予測最大心拍数=220-年齢  (高齢者では・・・210ー年齢)

ということで、自分はどれくらいか知っておくとよいですね。


実技でで高齢者用の運動を1セットしましたら、心拍数が急上昇。【爆】
車をやめて、自転車にしよう・・・と反省しました。【笑】  

Posted by ぴあ at 17:44Comments(0)たまには勉強・・・