Posted by at

2009年09月18日

年齢の唱え方に関する法律

昨日は、事業者協議会の研修でして・・・。介護業界もコンプライアンスだの業務管理体制だのと舌を噛みそうなややこしい書類に追われる今日この頃。・・・大事ですが、書類に追われて利用者様との時間が取れないのもある意味現実で、難しいですね。
法令遵守の講義だったのですが、関係する法令の数を数えたら93もありました。【驚&笑】まぁ、高齢者の生活全体に関わることですから介護者、支援者双方にかかる事象を網羅しなければなりませんからね。
その中で、年齢の唱え方に関する法律というのがありまして・・・。へぇ~思いました。
 
 昭和25年5月25日 法律第96号

   この法律施行の日以後、国民は年齢の数え年によって言い表す従来の慣わしを改めて、
   年齢計算に関する法律の規定により算定した年数(1年に達しない時は、月数)によって
   これを言い表すのを常とするように心がけなければならない。


おばあちゃん達、数え年で言いますものね。生まれた時が1歳で正月が来たらまた1つ。
12月31日に生まれた人は翌日2歳。こりゃすごい。【笑】

私たちはこの法律にも縛られてるようなので、数え年で言われる方にはひとつ引いてくださいね、と
声かけしなければなりませぬ。【爆】

  

Posted by ぴあ at 15:08Comments(4)