Posted by at

2009年09月07日

Tシャツ

赤信号で止まっている時、車の窓の向こうの中学生くらいの男の子の背中に・・・

 
  『 頑張れ言うな、
     頑張っとんのや 』   ・・・と激白。


 クスッと微笑ましかったですが、同時にもう1つの言葉も思い出しました。
『リハビリ、リハビリって言うけど、90近くになって何を頑張るとね・・・?』
薄っすら涙目で尋ねられたことがあります。

頑張れというのは時に励ましと勇気の言葉であり、時に辛く悲しい言葉でもありますね。
一人ひとりの受容範囲が違うように、その人が明日へ渡っていく為のよすがとなる声かけを
しないといけませんね。なかなか難しいことです。  

Posted by ぴあ at 16:39Comments(4)