Posted by at

2009年09月04日

取り扱い説明書の使い道

書棚を整理しておりましたら、昔のノートが出てきまして・・・。
何かのセミナーだか、本だったか忘れましたが、そのとき自分で腑に落ちて書いたのでしょう。

   
   『取り扱い説明書の使い道』

      取り説を見るのは取り付けた時と故障した時。
      10年寿命の機械ならばその時間を取り説に接点を付ける事はできないのか。
      日常点検を勧めるのなら素人が点検録に書ける欄が欲しい。
      メモ欄に何を残しておけば便利なのかがわからない。


         気づきのキーワード

           *お客さんとの接点
           *販売後の接点
           *説明書を見るとき
           *使ってもらえる
           *とっておきたいと思わせる
           *何を残しておくべきか
           *白紙のメモ欄
           *わからないこと



他にも『無断駐車厳禁』とか『ビニールパッケージの説明書き』などのテーマを書いてますね。【笑】
商売は面白くもあり、難しくもあり、・・・ですね。
  
         

Posted by ぴあ at 16:00Comments(0)