Posted by at

2009年01月14日

セーフ

灯油を買いに行ったら、スタンドのお兄さんが(結構、イケメン!)「タイヤ、空気減ってるみたいですね・・・」と言われたので、「じゃ、お願いします・・・。」と頼んだら、小さな釘が刺さっているのを見つけてくれました。見てみると思ったよりそれが小さいんです。気がつかなければパンクするところでした。昔、パンクしているのを知らずに、なんか音がするなぁ~くらいに家まで帰りついたら、隣のオバちゃんが「どうしたの~!!」と家から飛び出してきたので思い切り赤面した記憶があります。運転はしてても車のことはさっぱり分からないし・・・。そういえば、夜中にあと300mくらいで家に着くというところで、何とかベルトっていうのも切れたことがあって、エンジンがかかるか心臓が口から飛び出すくらいドキドキしながら帰ったことがあります。でも、いつも運が良いようで、事故などになったことはないです。ご先祖様が守ってくださっているんでしょうね。感謝、感謝。  

Posted by ぴあ at 16:04Comments(0)